070-6477-3538

ブログ

2017/11/14(火)

自律神経の不調のサインは?

カテゴリー:NEWS☆

 

自律神経の乱れ・・・具体的にどんな症状かご存知ですか?

 

そもそも、自律神経とは、 「脳」と「内臓」を結び、
自分の意思とは関係なくはたらく神経のことです。

こんな症状ありませんか?

□寝ても疲れがとれない

□頭痛やめまい

□とにかくだるい

□温度調節ができない

□汗を異常にかく

□更年期症状、生理周期に問題が出る

□仕事や学校に行きたくない

これらは、自律神経の不調で出る症状の一部です。

自律神経が乱れる原因は?

秋はおいしい食べ物の季節です。

たとえば、暴飲暴食や薬の飲みすぎにより、肝臓や腎臓に負担がかかると、
体の循環システムにまず問題をきたします。

循環システムとは、血液などの水分量の調整や、全身に栄養を与える役割をもつ

「肝臓」「心臓」「腎臓」などの臓器のはたらきです。

腎臓に負担がかかると、自律神経系とかかわりのある「副腎」にも影響が出ます。

疲労やストレスなどもこの「副腎」に負担をかけます。

また、循環不良の状態が続いているということは、内臓そのもののはたらきも弱くなっています。
そんなとき、
脳は、「もっとはたらけ~」というサインを送り、内臓は「休みたいよ~」と脳にサインをおくる
堂々巡りが生じます。
これが自律神経システムを狂わせている状態です。

では、この問題、お薬だけで治ると思いますか? 適度な運動だけで治ると思いますか?

どうすれば、自律神経の不調を改善できるの?

自律神経は「脳」と「内臓」を結ぶ神経です。

脳や内臓に負担をかけている根本原因を見つけ、その負担を減らしていけばいいのです。

ストレスで心臓や副腎に負担をかけている、食事で肝臓に負担をかけて頭蓋骨が硬くなっている・・・など

原因は人それぞれです。

当院では、「内臓治療」と「クラニアル(頭蓋骨)治療」

で、脳や内臓が本来の働きを取り戻せるよう調整しています。

自律神経の乱れを放っておくと、やがて精神系の症状などにつながるとも言われています。

ぜひ1度、ご自分の体の状態をチェックしに駒込のサロンに来てみてはいかがですか?

 

 

 

 

1日3名まで限定割引
残り1名様

ご予約は今すぐお電話で

070-6477-3538

【受付時間】10時~21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は10時~21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。