070-6477-3538

ブログ

2018/04/09(月)

腰痛と内臓下垂が関係してる理由

カテゴリー:NEWS☆

 

骨盤が開いていると1度でも言われたことある方は要注意

こんにちは。

駒込の整体サロンSUNです。

ブログにお越しくださりありがとうございます。

本日は、腰痛と内臓下垂がテーマです。

●デスクワークや家でもPCや携帯作業をしている方

●子育て中の方や保育士さんのように仕事柄前屈みの姿勢になる時間が長い方

上記は普段の姿勢によって内臓下垂を作り出しているパターンです。

姿勢以外でも内臓下垂は起こります。

それが以下に挙げる例です。

●暴飲暴食で胃に負担

●薬の常用で肝臓に負担

●お菓子やジュースのとりすぎで膵臓に負担

●水分摂取の不足による腎ぞう疲労

いかがですか?

姿勢が原因で起こる内臓下垂もあれば、食事や水分摂取量などの生活習慣によって起こる内臓下垂とあります。

肝臓や胃、腎ぞうなどが下垂してることで腸を圧迫し、腸はこれ以上下に下がれずに骨盤が横に開いていきます。

腰痛で整体などに通った際に、

骨盤が開いている

と指摘されたことがある方は、もしかすると内臓下垂している可能性があります。

この場合、腰痛を改善するには生活習慣の見直しと、下垂して歪んだ内臓を元の位置にもどす必要があります。

駒込の整体サロンSUNでは、

骨盤の状態、内臓の疲労具合、筋膜の状態を、チェックし、腰痛をトータルで改善していくことを目指します。

 

 

 

 

1日3名まで限定割引
残り1名様

ご予約は今すぐお電話で

070-6477-3538

【受付時間】10時~21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は10時~21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。